かがやき手話ニュース/2019年6月14日放映分


/かがやきパソコンスクール、かがやき夢工場からのお知らせや、聴覚障害者に関する情報を手話と字幕でお伝えしています。

/テーマ

1.【夢工場イベント・堀切菖蒲園見学】

2.【6/28(金)~30(日)デフアート展2019】


皆さま、こんにちは。
かがやき手話ニュース担当の山崎由弥子です。
あっという間に6月半ばになりましたね。
湿気や不安定な気温のせいで皆さまも体調を崩されることのないよう、 食品管理にも十分にお気を付けください。
では、手話ニュースを始めます。


かがやき夢工場では、6月7日(金)に地域施設見学として堀切菖蒲園見学を行いました。
堀切菖蒲園は夢工場からバスで10分ほどで行くことができ、毎年見学しています。
園内は約2000種類、6,000株の花菖蒲が咲いていて、たくさんの人で賑わっています。
堀切菖蒲園見学の様子を収録した映像があります。
どうぞご覧ください。
6月7日(金)に開催した「堀切菖蒲園見学」です。
地域施設見学として毎年開催しています。
駅から堀切菖蒲園までの道のりには、堀切十二支神や七福神があります。
参加した皆さんは堀切菖蒲園までの道のりの散策も楽しんでいます。
堀切菖蒲園まではきれいな紫陽花が咲いていて、訪れる方を迎えてくれます。
梅雨の時期と重なるため雨降りの日も多く、この日も雨降りの中での鑑賞でした。
ようやく堀切菖蒲園に到着です。
現在は葛飾菖蒲まつりが開催中です。

園内は今年も約2,000種、6,000株の花菖蒲が出迎えてくれました。
同じ花菖蒲でもさまざまな色があり、一つ一つに個性があります。
また、昨年のリニューアル後はバリアフリー化されて車椅子でも楽に散策できるようになりました。
梅雨の時期を彩る花菖蒲をみんなで楽しむことができた堀切菖蒲園見学でした。

きれいな花菖蒲がたくさん咲いていましたね。
同じ花菖蒲でも青や紫、白など色のバランスが違うので、見ていて飽きないです。
堀切菖蒲園では、6月16日(日)まで「葛飾菖蒲祭り」が開催中です。
ご興味がある方は、ぜひ堀切菖蒲園へ行ってみてください。


活躍しているろう者のアーティストの作品を集めた「デフアート展2019」が6月28日(金)から30日(日)の3日間で開催されます。
会場は原宿にあるクロマチックギャラリー原宿です。
この展覧会では、世界的に有名なろう者の画家である八木道夫さんを始め、 鎌倉駅と藤沢駅を結ぶ江ノ電の車内に「えのでん絵日記号」として作品が展示されたことがある 立体イラストの杉本聖奈(まりな)さんの作品もあります。
他にも、写真、書道、陶芸、プラモデルなどさまざまなジャンルの アーティストの作品が展示されます。
入場は無料です。
詳しいことは、NPO法人日本聴覚障害者芸術協会へお問い合わせください。
連絡先はこちらです。
Tel/Fax : 042-734-0225 
E-mail : info@japan-deaf-art.org 



先程も話しました通り、「デフアート展」は、 どんな作品が展示されているか楽しみですね。
皆さまもご興味があれば、ぜひ観に行かれてみてください。
さておき、堀切菖蒲園の花菖蒲は見頃できれいでしたね。
皆さまも早めに行かれてみてくださいね。
これから梅雨入りで雨が降ることが増えてくると思います。
特に食品管理や体調管理には十分に気をつけて楽しく過ごして行きましょう。
では、手話ニュースを終わります。



このページの先頭へ戻る
手話ニュースかがやき熟年コーナーかがやき友の会かがやき手話単語講座
原道子の自分史東西文化考新米デフママの育児トークかがやき特集
かがやきコラムスクールご案内